今すぐ始められるアンチエイジング対策2 3つの対策と老化防止のサプリ

今すぐ始められるアンチエイジング対策2 免疫力で老化防止のサプリとは

アンチエイジングしたいけど、「もう手遅れになったかも」とか「面倒だからこのままでもいい」と諦めてしまっていませんか? 今すぐ始められるアンチエイジング対策があるとしたら、トライしてみる価値は十分にあります。
真のアンチエイジングはただ見た目の若さを保つためのものではなく、これから数十年を健康に、体も心も健康に過ごしていく為にあるものなのです。

 

アンチエイジング対策

 

アンチエイジング対策の前に原因を探ってみよう→老化の原因を探る

 

免疫力を上げて、アンチエイジングにも効果的なサプリはコチラ↓

 

マイブランズゴールドプラス公式へ

 

2.今すぐ始められる3つのアンチエイジング対策とは

 

    <3つのアンチエイジング対策>

 

〇抗酸化 抗糖化させない食事
〇温活 体温を1度上げる
〇呼吸で上がる免疫力

 

酸化 抗糖化させない食事

 

体をサビつかせない(酸化させない)、コゲつかせない(糖化させない)ためには、何と言っても普段の食事からの栄養の内容が大事になってきます。基本としては、一日20〜30品目を食べることが理想とされています。その中から過度の糖化や酸化の状態にならないように気をつけていくことも大事です。

 

抗酸化

 

活性酸素による酸化を防ぐために、抗酸化作用のある食品を取り入れましょう。
ファイトケミカルは植物の持つ色素・香り・アクなどの成分から発見された化学物質です。このファイトケミカルが含まれた食品は抗酸化作用があり、更に、抗菌力や免疫力もアップ出来ます。
よく知られている赤ワインに含まれるポリフェノールやカボチャやニンジンに含まれるβカロテン、その他に、大豆のイソフラボン・トマトなどのリコピン・リンゴのペクチン・緑茶のカテキン・ゴマのセサミンなど1500種類以上に及びます。ほとんどの植物に何らかのファイトケミカルがあると言っても過言ではありません。
また、野菜や果物には、ビタミンC・ビタミンE・ビタミンAなどのビタミン類、亜鉛やセレンなどのミネラル類も含まれているので、植物からの栄養をしっかり頂くこともしていきたいですね。

 

反対に、食品添加物が多く含まれているものや脂質が多すぎるものは、活性酸素と結びつきやすいので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

抗糖化

 

糖化を避けるといっても、糖分自体は人間にとって必要不可欠な栄養です。急激に血糖値を上げないように低GI値と呼ばれる血糖値の上昇値が低い食品を摂るのも、抗糖化になります。
低GI値のGIは、グリセミック・インデックスの略で、GI値が49以下が低GI値です。

 

アンチエイジング対策 低GI値食品

 

     <低GI値食品の例 (GI値49以下)>

 

主食:全粒粉のパスタ・お粥。玄米
野菜:キャベツ・ピーマン・ブロッコリー・キャベツ・エリンギ・シイタケ・大豆
果実:りんご・ミカン・イチゴ・ぶどう
魚介類:マグロ・カツオ・イカ・シジミ・アサリ
肉類:牛肉・豚肉・鶏肉・ソーセージ

 

調べると、低GI値の食材は結構あるので、上手に組み合わせるのが良いでしょう。反対に、高GI値なのは、食パンや精米やうどんなどが主食の中に含まれているので、食べ過ぎに注意してください。
魚・肉・大豆・卵などに含まれる良質のたんぱく質を摂ることも、忘れてはいけないポイントになります。

 

活 体温を1度上げる

 

女性に限らず低体温の人が増えていますが、体が冷えると、血液の循環が悪くなり、免疫力の主役である免疫細胞も働けなくなり、自律神経のバランスも崩れてしまいます。
免疫細胞が最も活性化するのは、体内温度が37度前後とされているので、低体温の人も「温活」で体温を1度上げることが出来れば、冷え性の改善だけでなく、老化の防止にも効果があるのです。

 

ここでも、大事なのは栄養バランスの良い食事と適度ない運動、質の良い睡眠などの良い生活習慣です。

 

    <温活する方法>

 

シャワーより、ゆっくりした入浴
胃腸に優しい常温の飲みものや白湯
3つの首 首・手首・足首を温める
湯たんぽやカイロなどで外から温める
冷え性改善のマッサージ
冷え取り効果のある生姜を使った料理

 

温活する方法を毎日の中でルーティンしていくことで、免疫力が上がっていくでしょう。

 

吸で上がる免疫力

 

ちょっとびっくりするような話かも知れませんが、意識して呼吸をするだけで免疫力は上がります。

 

深呼吸をする
腹式呼吸をする

 

まず最初は深呼吸だけでも、良いのです。古い空気を体から出して、新しい空気を吸い込むイメージでしてみてください。

 

次に、できれば、一日数回腹式呼吸をしてみましょう。
腹式呼吸をすることで、副交感神経を優位にすることが出来、リラックス効果が得られます。酸素を体内に多く取り込むと、リンパの流れが良くなり、リンパ球にたくさんある免疫細胞も活性化する仕組みです。
腹式呼吸と言っても、運動すると考えずに、椅子に座ったままでゆっくり行うだけで効果があるので、空いた時間などに実行してみてはどうでしょう?

 

アンチエイジング対策をするとあまり身構えずに、普段の生活に良質の栄養や習慣をプラスアルファしてみると考えると良いと思います。アンチエイジングの要とも言える免疫力の向上は、笑うだけでアップするとも言われています。
ストレスなく、楽しく毎日を過ごせるかどうかもアンチエイジングにとって大切な指針になるでしょう。

 

3.免疫力を上げて、老化防止にもなるサプリは何?

 

アンチエイジング対策は、今すぐ始めることが出来ますが、効果や結果はすぐには出ないでしょう。出ないからと言って焦ったり、止めてしまっては元の木阿弥になってしまいます。
普段の生活の質をあげていくことが、自然にアンチエイジングになると考えてみてください。

 

それでも、抗酸化や抗糖化の食品を毎日ちゃんと摂れているか、栄養は偏っていないかと心配になることもあるでしょうし、忙しくて出来ない日だって、当然ありますよね。
アンチエイジングのためにもなる免疫力をアップしてくれるサプリを活用して、補強してみるのもおススメです。

 

精米は高GI食品になると上述しましたが、精米にするために昔は捨てられていた米ぬかには、たくさんの栄養と免疫力をアップさせてくれる成分があります。米ぬかから特別に抽出されたRBS米ぬか多糖体を主成分にするマイブランズゴールドプラスは、本当の意味での生え抜きのサプリメントだと言えるでしょう。

 

免疫力アップで、老化防止にもなるサプリは、コチラ↓

 

マイブランズゴールドプラス情報へ

 

アンチエイジング対策の原因を知りたいなら→アンチエイジングの原因を探る

 

サイトTOPへ