がんの予防に生活習慣の見直しが大事な訳 がん予防にも最適なサプリ

がんの予防に生活習慣の見直しが大事な訳 がん予防にも最適なサプリ

3大生活習慣病の一つとも言われる「がんの予防に生活習慣の見直しが大事な訳とは がん予防にも最適なサプリ」はあるのかを考察します。がんの最先端の治療として注目が集まっている免疫細胞治療にそのヒントがあります。
もし、重大な病気を普段の生活を見直すことで予防出来るのなら、実践していきたいですよね。また予防に効果のありそうなサプリについても、調査してみました。

 

がんなどの生活習慣病予防や再発防止に効果的なサプリ情報はコチラ↓

 

マイブランズゴールの詳しい情報へ

 

生活習慣病って、ちょっと聞きなれない言葉ですが、それまで成人病と呼ばれていた病気は、1996年、厚生省によって20年以上前に生活習慣病という呼称に変わっていたのです。成人病と言えば中高年になればかかる避けられない病気という風に漠然と考えることが出来ると思いますが、加齢が全ての原因ではないことがわかってきたのです。

 

がん予防

 

成人病と呼ばれていた病気が、遺伝や外部的な原因よりも、生活習慣の積み重ねによる原因が大きい、そのことを広く意識してもらうという意味合いも含めて、改名されたようです。
ただ、私も生活習慣病という名前はなんとなく聞いたことはあっても、がんを筆頭に、心臓病や脳卒中などたくさんの重い病気も含まれているとは知りませんでした。肥満や糖尿病はなんとなく当てはまるのかなと思っていた程度です。
なので、果たして厚生省の意図が広く行き渡っているかどうかは、やや疑問な向きも無いでは無いのですが、名前の通り生活習慣に病気の原因があるとすれば、自分で予防したり、改善したり出来るということだと思います。

 

生活習慣病の種類と原因

 

日本人の死因の6割近くを占めると言われているがん・心臓病・脳卒中が、3大生活習慣病と呼ばれています。
その他にもよく聞く病気のほとんどが生活習慣病の枠に入っていることは驚きです。

 

(1)生活習慣病の種類

 

3大生活習慣病

 

がん(悪性新生物)
心臓病(虚血性心疾患)
脳卒中(脳血管疾患)

 

なるほどな生活習慣病

 

糖尿病
肥満
高血圧
脂質異常症(高脂血症)

 

これも生活習慣病なの?

 

骨粗しょう症
認知症
歯周病
アルコール性肝障害
うつ病
慢性気管支炎
アレルギー
腎疾患
胃潰瘍
痛風
便秘
不眠症
冷え性

 

生活習慣に病気の原因がかかわっていれば、たいていのものが生活習慣病と考えて良いかもしれませんね。
でも、考えてみると、原因が全く生活に関係していない病気の方が少ないと言えるのでは無いでしょうか。
認知症やうつ病、不眠症などのメンタルな部分に関わるものやアレルギーや骨粗しょう症といって最近増加しているものも確かに、生活習慣に深く関わっていると言えますね。

 

また、不吉な表現ですが「死の4重奏」とも呼ばれている一連の病気があります。

 

肥満(特に内臓脂肪型肥満)+高血圧+糖尿病+高脂血症
             ↓
心筋梗塞や狭心症などの心臓病(冠動脈疾患)になり、死亡率が高くなる

 

生活の中の悪い連鎖をどこかで断ち切らなければ、いけないことが良くわかりますね。

 

脳卒中は突然起きるので、避けられないという印象が強いと思います。しかし、脳の血管が詰まることから起きるので、食生活やメタボリックシンドロームの改善で、予防することは可能なのです。

 

先日、夫の会社の元上司の男性が脳溢血(のういっけつ)で倒れたという話を聞いたのですが、その時、「脳卒中と脳溢血って何が違うのかな?」とふと疑問に思いました。

 

脳卒中は一般的に使われてますが、正式な病名は脳血管疾患で、その中に、3種類の疾患が含まれています。

 

脳梗塞(のうこうそく)
 脳内の血管が動脈硬化などでふさがる
脳出血
 脳の動脈に血液の塊ができる 高血圧が原因
脳溢血(のういっけつ)
 脳組織の中で出血。脳内出血、くも膜下出血がある

 

つまり、脳梗塞と脳出血は脳の中で起こり、血管が詰まることで発症しますが、脳溢血は脳内部ではなく、外から脳を壊すものと言えます。

 

がんも生活習慣病と言われても、あまりピンと来ない方も多いのでは無いでしょうか?
実は、がんこそが毎日の細胞の再生と関わりがあり、免疫力を上げることによって、がん細胞自体は毎日倒されているのです。免疫が下がった時に、長い間の潜伏期間を経て、がんという病気になるのです。
がんを予防することと日常の免疫力はとても深く関わっています。

 

(2)生活習慣病の原因5とは

 

病気がたくさんあることからもわかるように、その原因も多岐に渡りますが、生活習慣そのものにあるのは間違いないので、共通した原因を探ってみましょう。

 

生活習慣病原因1 遺伝
遺伝的要素は確かに存在しています。ただし、遺伝的要素があるからと言って、家族全員が同じ病気になる訳ではありませんよね。遺伝的要素プラス同じ生活スタイルが大きな要因となっている可能性が高いのです。

 

生活習慣病原因2 老化
昔は加齢による老化が成人病の一番の原因と考えられていたので、成人病と呼ばれていたわけですが、ただ自然に老いるのが老化では無いことがわかってきました。
活性酸素によって、体内の酸化が進むことで、老化していくのが大きな要因だったのです。

 

生活習慣病原因3 食生活
「栄養バランスの良い食生活を」というのはよく耳にすると思います。
残念ながら、現代は飽食の時代です。食生活の豊かさが反対にアンバランスを産み、動物性食品や加工食品が増えたことで、栄養の偏りが生じて、様々な生活習慣病の種が撒かれているとも言えるでしょう。

 

生活習慣病原因4 ストレス
ストレスの原因となるストレッサーは、たくさんありますが、たとえば、同じ仕事の上のストレッサーがあったとしても、それをストレスと感じる人と感じない人がいます。個人の性格や気質によって、千差万別といっても良いと思います。
なんらかのストレス反応が引き起こされた時、それがその人のストレスになります。
そのストレスが慢性的な状態に移行してしまうと、身体的なダメージによって生活習慣病のリスクも増え、メンタル面ではうつ病になったりすることもあります。

 

生活習慣病原因5 過剰と不足
喫煙と飲酒は、過剰になると病気の引き金になります。睡眠と運動は不足すると、免疫力の低下につながり、病気への抵抗力が弱くなります。

 

がんの予防に生活習慣の見直しが大事な訳とは

 

他の多くの生活習慣病にも言えることですが、特に、がん予防の視点からも生活習慣の見直しが大事になります。

 

がん予防と免疫細胞

 

というのも、がんになった場合、以前は、手術・放射線療法・抗がん剤などの化学療法の3つの治療手段しかありませんでした。
しかし、この3つの治療はいずれもがん細胞を除去するために、健康な免疫細胞まで破壊してしまうものでした。免疫力の低下は免れず、病気から治ろうとする力まで削いでしまいかねません。

 

勿論、がん治療にとって大変有効であることは事実ですし、研究も日々進められています。将来的には、がんが完全に治せる病気になる日も来るでしょう。

 

最近注目を浴びているもうひとつの最先端の治療法があります。

 

それが、免疫細胞治療です。

 

(1)今注目の免疫細胞治療とは

 

ウィルスや細菌などの外敵からだけでなく、毎日細胞の遺伝子が傷ついて出来るがん細胞を排除すべく働くのが免疫細胞です。
免疫細胞治療は、患者自身の免疫細胞取り出し、培養・強化することで高めた免疫力で、がんを治療する方法です。
自己回復力に対して、手助けをする治療と言えるかもしれません。自分の免疫なので、副作用が少なく、体に優しい治療とも言われています。

 

ただ、まだ先進医療として研究が始まったばかりで、免疫細胞治療だけで良い訳ではありません。手術や放射線治療との併用での相乗効果がかなり期待できる治療です。

 

結論として、免疫細胞が元気なことががん治療の面でも求められているということですね。そのことは、もう一つの可能性にも目を向けさせてくれると思います。

 

(2)予防医学という考え方がある

 

20世紀後半のアメリカで、予防医学による健康への取り組みが始まりました。というのも、当時は成人病と呼ばれていた生活習慣病が社会問題として深刻なものになっていたからです。病気の予防をする健康意識を高めることで、日々の生活の中で病気にならない体作りをする試みが始まったのです。

 

日本でも、やがて世界的にも類を見ない長寿社会が来ると言われている今こそ、病気になってから健康を考えるのではなく、病気になる前に健康を維持する予防医学の実践が求められているのでは無いでしょうか。

 

予防医学は、医療の場所に行く前、日常生活の中でまず初めていく必要があります。
それは、生活習慣病を見直して、原因を改めたり、食生活や睡眠やストレスに気をつけていくことで、実践していけるでしょう。
日常的に免疫力を高める生活が、今こそ求められているのだと思います。

 

がん予防にも最適なサプリはあるでしょうか?

 

良くないと思える生活習慣をしっかり見直し、健康的な生活を送っていれば、病気になる可能性は限りなく無くなると言えるでしょうか?

 

遺伝や生活習慣という原因の他に、もうひとつ環境要因が加わります。

 

大気汚染・排気ガス・食品添加物・化学物質
紫外線・放射線を大量に浴びる
B型肝炎やC型肝炎などのウィルス感染

 

放射線というと、放射能ばかりではなく、もの凄い高速の電磁波であり、紫外線と同じように地球上にも存在しています。レントゲンを撮る時のX線は誰でも知ってますよね。

 

遺伝と同じように避けることが難しい要因もありますし、何事も完全にということは出来ないでしょう。

 

そこで、がん予防にもなるようなサプリがあるのかも、気になりますよね。

 

がん予防に最適なサプリの成分一覧

 

がん予防のサプリ

 

腸内細菌を増やす乳酸菌
βグルカン豊富なアガリスクなどのキノコ類
抗酸化作用のあるビタミン類
抗菌作用のあるプロポリス
栄養豊富なローヤルゼリー
フコダインやセサミンやクロレラなど

 

予防と言ってますが、実際には病気の方も飲んでいるものが多いようです。ですが、どれほどの効果が得られているかについては、はっきりしたことがわかっていないサプリも多く販売されているようなので、気をつけてくださいね。

 

数あるサプリメントの中で、私が選ぶとしたら、やはり大本の免疫力を高めてくれるサプリかなと思います。
実際に、免疫細胞治療も注目されていて、免疫力が私たちを病気から守ってくれることは間違いないのですから。

 

もし、私の選びたいサプリ、選んだサプリに興味を持たれたら、コチラをご覧になってみてください↓

 

マイブランズゴールド公式サイトへ

 

免疫力アップサプリLab