食べるだけで上げられる免疫力 免疫力アップの食材と栄養とは

食べるだけで上げられる免疫力 免疫力アップの食材と栄養とは

食べるだけで免疫力を上げられる食材があります。免疫力アップの食材と栄養とは何かを意識して、取り入れていきたいですよね。整腸作用・抗酸化作用・粘膜強化・体温アップ・免疫力サポートなどたくさんの栄養がある食材は何か見て行きましょう。
免疫力は健康であること、病気にならないことと深く関わってますが、免疫力をアップする基本は食べることにあります。
人は生きるために食べなければいけませんが、同時に美味しく食べることは人生の大きな楽しみの一つでもあります。
美味しく食べて免疫力も向上し、健康も増進するのなら、こんな美味しい話は無いと思います。

 

免疫力アップの食材

 

免疫力アップの食材と栄養5

 

(1)腸が喜ぶ食材  整腸作用
(2)錆びない食材  抗酸化作用
(3)ネバネバパワーの食材  粘膜強化
(4)強化してくれる食材  免疫力サポート
(5)温めますか食材  体温アップ

 

免疫力は、白血球の中で免疫細胞が毎日パトロールを怠らず、侵入者(ウィルスや細菌)や悪者(がん細胞など)を発見したら戦って倒してくれるためのパワーです。
もし、パワー値が落ちてしまったら、免疫細胞も弱って、戦えなくなるという風に、イメージすると分かりやすいかもしれませんね。
また、生まれてから10代までは免疫力も活発で、若さにあふれていますが、大人になると、免疫力はみるみる内に下降していきます。
老化は免疫力の低下と手を携えて進みます。弱っている所につけ込むのが様々な病気の発現です。

 

免疫力はただ放っておいては減る一方ですが、毎日食べている食材には、免疫力を上げてくれる栄養があるのです。効果的に、食材を料理に取り入れることで、免疫細胞も元気を取り戻してくれるでしょう。

 

免疫力アップを更にパワーアップしてくれるサプリ マイブランズゴールドプラス情報コチラから↓

 

マイブランズゴールの詳しい情報へ

 

免疫力アップの食材と栄養は大きく分けて、5つの効果があります。

 

(1)腸が喜ぶ食材 整腸作用

 

腸が喜ぶ食材とは、プロバイオティクスの働きを助ける食材です。プロバイオティクスというのは、腸内に存在する無数の最近群(腸内フローラ)のバランスを整えて、人体に有益な作用をもたらす微生物を指します。私たちが善玉菌と呼んでいる乳酸菌やビフィズス菌を増やして、腸内のバランスを良くすることは、とても大事になります。
腸に存在している免疫細胞の70パーセント近くをここで活性化させることができるのです。

 

免疫力アップ食材

 

乳酸菌ヨーグルト・乳酸飲料・キムチ
ズバリ、善玉菌が豊富。外から摂取した乳酸菌は、時間と共に体外に排出されるので、毎日摂取が必要

 

免疫力アップの食材きな粉 
きな粉はオリゴ糖が含まれていて、乳酸菌のご馳走に

 

免疫力アップの食材ニンニク・玉ねぎ
オリゴ糖豊富 辛み成分硫化アリルも免疫を高める

 

免疫力アップの食材納豆
納豆菌が善玉菌を増やしてくれ、その成分ナットーキナーゼにも抗菌作用がある

 

(2)錆びない食材 抗酸化作用

 

金属が錆びると、なんだか古びて見えますよね。それと同じように、人の体も取り込んだ酸素の内2パーセントが強い酸化作用のある活性酸素に変わってしまい、錆びるのです。

 

活性酸素は、酸素が活性化していると思うと、何でもないようにも感じますが、非常に毒性が強く、老化や病気の原因を誘発します。
酸化=酸っぱくなると、老化やシミ・シワ、がん・糖尿病・動脈硬化・認知症になる可能性も高くなってしまいます。

 

抗酸化防ぐ

 

免疫力アップの食材ほうれん草・小松菜・にら・ニンジン
緑黄色野菜のビタミンA(βカロテン)が含まれる

 

免疫力アップの食材キャベツ・ブロッコリー・ジャガイモ・かぶ・大根・レンコン・レモン
ビタミンCが豊富。抗酸化作用だけでなく、白血球にも良い影響がある。ただし、ビタミンCは過剰摂取すると余分なものは体外に排出されるので、毎日必要な分を摂取する必要がある

 

免疫力アップの食材かぼちゃ・モロヘイヤ・アボガド・卵・抹茶
ビタミンEが豊富

 

(3)ネバネバパワーの食材  粘膜強化

 

外からの攻撃、ウィルスや病原菌、花粉症などのアレルゲンから最前線で守ってくれるのは、粘膜です。粘膜は目・口・鼻・喉・消化器官の組織にあります。
この粘膜が少なくなると、異物の侵入を許してしまい、活性酸素を増やすことになります。粘膜を強化してくれるのが、ネバネバ成分の多いムチンです。

 

粘膜強化

 

食べる免疫力なめこ・納豆・山芋・おくら・レンコン
ムチンを多く含む。ムチンは糖とタンパク質を多く含む多糖体の一種で、粘膜を形成するのに必要

 

食べる免疫力ウナギ・レバー・バター・卵
あまりネバネバはしてませんが、ビタミンAとB2・B6を含む食材は、皮膚や粘膜の皮を作る

 

食べる免疫力果物・野菜全般
特に、ピーマン、パセリ、レモン、キウイなどは、ビタミンCが豊富。さらに、トマトはリコピン、緑茶はカテキン、ブルーベリーはアントシアニン、赤ワインはポリフェノール、海藻はフコダインと抗酸化食材はたくさんある

 

(4)強化してくれる食材  免疫力サポート

 

免疫細胞の元になるたんぱく質は、アミノ酸から出来ています。人に必要なアミノ酸は20種類ありますが、体内で作ることができない9種類の必須アミノ酸を栄養として摂取する必要があります。

 

脂質や脂肪酸と聞くとダイエット志向の人からは敵視されがちですが、健康のためには必要な必須脂肪酸があります。
これらは、野菜・魚・肉。。。と様々な食材に含まれています。
低カロリーの方が太らないと低カロリーのものばかり食べていると、必須脂肪酸が不足し、免疫細胞を作ることが出来なくなります。ただし、過剰摂取には気をつけてください。

 

βグルカン

 

食べる免疫力たくさんの食材をバランス良く
必須アミノ酸を作る。豆腐・味噌など大豆製品や豆類は豊富

 

食べる免疫力えごま油・くるみ・亜麻仁油 
オメガ3脂肪酸が含まれるα(アルファ)リノレン酸が善玉コレステロールを増やし、神経細胞を活性化

 

食べる免疫力コーン油・鶏肉料理・ミックスナッツ類
オメガ6脂肪酸が含まれるリノール酸やアラキドン酸が、血糖値や血圧、コレステロール値を下げてくれ、免疫機能を調整

 

食べる免疫力キノコ類
漢方の霊芝やアガリスクは高価なイメージがありますが、普段食べているキノコ類も、免疫力を高めるβグルカンが豊富。抗酸化作用も実は強い

 

(5)温めますか食材  体温アップ

 

36度以下の低体温の状態では、免疫力は力を発揮することが出来ません。

 

低体温と免疫力の詳しいお話はコチラ→免疫力と低体温

 

低体温を改善して、1度体温を上げることが出来れば、免疫細胞の活動は5倍近くアップするともいわれています。
体を守ってくれる防衛機能の差が1度だけで、大幅に変わってしまうのです。

 

体温アップと免疫

 

体を温めてくれる食材

 体温アップショウガ・ニンニク・唐辛子・ゴボウ・長ネギなどの野菜
 体温アップ栗・ナッツ類・桃などの果物
 体温アップアジ・サバ・エビ・イワシなどの魚
 体温アップ鶏肉・羊肉などの肉
 体温アップ卵・ごま油・みりん・味噌
 体温アップ日本酒・梅酒・ココア・紅茶など飲み物

 

お酒もたしなむ程度なら、体をぽかぽかにしてくれるものがあります。
反対に、トマトやキュウリやスイカは、カリウムと水分が多く、利尿作用があるので、体温も一緒に下がってしまいます。夏に冷やして食べると美味しいイメージがあるものが多いですね。
冬場だけでなく、夏場に冷え対策をしたい場合は、ちょっと注意してみてください。アイスクリームやかき氷と冷え冷えのものが美味しい季節でも、その後、体温を下げ過ぎないように、体を温めてくれる食材も一緒に食べたりするのも、良いでしょう。

 

体温を上げる野菜は、暖色系が多いです。寒い時期が旬のもの、寒い地方で採れるもの、根菜などは、体を温めてくれると覚えておくのも良いかもしれません。

 

免疫力のアップする食事とは

 

当然と言えば、当然免疫力をアップしてくれる食材をたくさん使えば、免疫力のアップする料理になるわけですが、ただ栄養に良いから、免疫力を高めるためにと食べるより、美味しく食べて、メンタル面でのアップも図りたいですよね。

 

冬に風邪をひきやすいのは、体が冷えることで免疫力も弱ってしまうからです。
そこで、誰でも食べたくなるのは、熱々の鍋料理では無いでしょうか?
栄養学的には、一日30品目が理想とされていますが、普段の生活ではなかなか難しいです。その点、鍋料理は好きなたくさんの栄養のある食材を入れることが出来ますし、何を入れても大きな失敗が無く、美味しく食べれますよね。

 

体温アップ食材

 

家族や友人で、ワイワイと鍋を囲んで食べるのも楽しいですよね。免疫力のアップにとっても、笑顔もまたひとつの食材になります。

 

もう一つ、見逃せないのが、和食です。
最近は、洋食の方が好きという方も多いと思います。しかし、日本人が昔から食べて来た和食は、前菜・椀物・おかず2〜3品・箸休め(酢の物・漬物・和え物)といったように、彩やバランスを考えて作られます。
家庭では、ここまで本格的ではなくても、メインとなるおかずの他に、納豆や冷ややっこや海苔や漬物をプラスしたりしますよね。
あまり意識せずに、免疫も向上する料理が自然に出てくることになります。

 

洋風や洋食の場合でも、和食のように、なるべくたくさんの食材を使うことを心掛ければ、バランスの良い栄養摂取と免疫力アップができると思います。

 

毎日食事だけで、免疫力はアップできる?

 

これは、YESともNOとも言えますね。
毎日完璧に頑張ろうと意気込むと、無理が出てくることもあるでしょう。
外食やファストフードやコンビニのお弁当で済ませたい日もあります。
私はそれで全然構わないと思います。食事は美味しく、楽しくが出来れば、栄養が足りていない日があっても、他の日で補うことも出来ます。
でも、ちょっと心配だなとか、上手く体調管理出来ていなくて免疫力が下がっていないか心配な時は、健康食品の活用も考えてみても良いと思います。

 

おススメのサプリは、天然の米ぬか由来で、免疫力のアップに最適なマイブランズゴールドプラスがあります。興味を持たれたら、コチラから↓

 

マイブランズゴールの詳しい情報へ

 

どうしても忙しい朝や、一日3食は無理な日だってあります。免疫力をアップしようとすることがストレスに変わってしまっては、本末転倒になるので、楽しく食べて、免疫力もアップしましょう。

 

免疫力アップサプリTOPへ